・素 材: 麻100%
・サイズ: 生地巾1尺(約38cm)
・色 柄: ライムグリーン(絽)
・小千谷織物同業共同組合 小千谷織物之証
・杉山織物 新潟県小千谷市上ノ山3丁目3-45


◎爽快な着心地をお約束する“涼、爽、軽”の三拍子揃った夏の定番、本場小千谷「本麻絽長襦袢」をご紹介します。
自宅で洗えてお手入れも簡単な麻の長襦袢は通気性の良さ、速乾性、軽さなど一度お試しになると手放す事の出来ないお品です。お単衣の時期からお早目にお試しいただけると麻長襦袢の良さを更に御実感いただけると思います。

袖口からちらりと魅せる涼衣。。。小千谷の本麻長襦袢
クールで爽やかなお色味が冷涼な着姿を演出
身に纏っていることを忘れるほどの優しく軽快な着心地
夏きもの初心者の皆様から上級者の方までお気軽にお召いただけます。
≪お単衣≫から≪盛夏≫まで暑い季節に欠かせない必須アイテムです。
まだ麻長襦袢を未経験の方は是非お試しいただきたい自信を持ってお勧め出来る一品です。
通気性、肌触り、爽快な裾さばきなど正絹の絽長襦袢やポリエステル絽長襦袢では味わう事の出来ない快適さは折り紙付きです。

【小千谷縮の歴史】
新潟県の小千谷、六日町、塩沢では1000年以上の歴史をもつ平織りの麻織物が織られていました。小千谷縮は17世紀(江戸初期)頃、播磨国明石出身の浪人者だった堀次郎将俊が明石縮の技法を応用して越後麻布を改良した事に始まります。(既に織られていた越後麻布の緯糸に強撚糸を用いて織る技法に加え、シボのある風合を出すよう織り始めた。)
小千谷縮は昭和30年に国の重要無形文化財に、昭和50年には国の伝統的工芸品に指定されました。小千谷縮は苧麻と呼ばれる天然の麻から強い撚りをかけた糸を手で紡ぎ「居坐機」を使って手作業で丹念に織り上げられています。さらりとした肌触りと「シボ」と呼ばれる独特のしわが特徴的です。このシボは織り上げた布地を微温湯の中で手揉みすることであらわれる独特の風合になります。
☆「お仕立てなし」の場合は約4日~5日でお届け致します。
【お仕立てを御希望の場合】
◎女性用お仕立ては下記の価格で承ります。(税込)

・仕 立: 単衣仕立て
・詳 細: 水通し2,700円、衿芯475円、麻半衿3,780円、衣文抜き432円、特選お仕立代19,440円
・国内の熟練和裁士に限定した特選お仕立てとなります。
・お仕立て上り時期及び納期は寸法確定後、約20日です。
◎男性用「お仕立て詳細」につきましてはお問合せ下さい。

◎ご注文完了後に≪お仕立方法≫≪追加加工≫などについてメールにてご希望をお伺いします。
◎お仕立て前に『現品確認』を御希望のお客様のみ決済完了後、商品を宅配便にてお送り致します。(お送り商品がイメージと違った場合はこの時点で返品が可能です。)